7月23日

日曜日

2017

外宮参道のお知らせ

今年もゆかたで千人お参りが開催されます

八月一日は八朔(はっさく)と言います。

伊勢には古くからの習わしで八月一日に無病息災や五穀豊穣を願うためのお参り「八朔参宮」がありました。
私たちはこの古き良き風習を現代にも伝えたいと、新しい祝祭「外宮さん ゆかたで千人お参り」を開催しています。
今年で20回目となるゆかたで千人お参りは、多くの方々のご協力とご参加のもとたくさんの祈りを紡いでまいりました。

今年は竹あかりの会の川渕晧平さんをお迎えし、外宮参道を光の道で美しく幻想的に照らし出します。

それらに伴い、8月1日は16時ごろから外宮前周辺で様々な催し物があり、夜の9時まで奉納演奏や屋台をお楽しみいただけます。
外宮・月夜見宮への参拝は夜の8時までお参りして頂けますので、闇夜に包まれた神秘的な雰囲気の外宮さんに参られてみるのもお薦めです。

ゆかた姿で外宮さんにお参りし夏の夜の風情にひたってみませんか。


■日時:平成29年8月1日(火)

■イベント:ゆかたで千人お参り   神話紙芝居
        奉納合唱・奉納演奏一部・二部
        味の屋台村   踊りの輪
        八朔俳句の伊勢和紙行灯と竹あかり  他

       16時ごろから各イベント順次開催 詳しくは下記へお問い合わせください
       伊勢菊一でも配布しているゆかたで千人お参りのチラシでもご覧になって頂けます。

■夜間参拝:伊勢神宮外宮・月夜見宮 20:00まで
■交通:近鉄・JR伊勢市駅から徒歩で約5分
■問合:外宮さんゆかたで千人お参り実行委員会・外宮にぎわい会議
    090-3257-7674

 

そして本日はゆかたで千人お参りに先駆けて「御塩道を歩く」が開催されました。

こちらも今回で18回目となり、古くからの習わしを模し海水から焼き上げた御塩(みしお)を二見から外宮さんへと歩いて奉納する行事となっております。

朝早くから二見を出発した子供たちを含む一行が、休憩をはさみながらも夏の日差しの中を10㎞ほどの道のりを御塩を入れた籠を担ぎお昼頃にようやくたどり着きました。目的地手前の最後の休憩所となる伊勢菊一前では、一行の労をねぎらい到着を歓迎する伊勢市商工会議所女性部による「木遣り」によって出迎えられ、無事、外宮さんへと到着しました。