10月10日

月曜日

2016

外宮参道のお知らせ

10月8日9日は伊勢まつり

10月の一大イベントである「神嘗祭」を翌週に控えたこの土日に、伊勢市駅周辺では伊勢まつりが開かれています。

昨日の8日には外宮参道にも神宮初穂奉納御輿や宮後町の製作したねぶた飾り車が練り歩き、伊勢音頭のパレードでは一般のお客様も飛び入りで参加し、ともに踊る方も。

メイン会場となる伊勢市駅の西側37号線の大通りは、祭に合わせ交通規制を施し歩行者天国となり両側には多くの屋台が並び、地元の人や観光で訪れた方が多く訪れ大変な賑わいとなっています。
夜にはその一角で1日の締めとなる手筒花火が上がり、周囲からは大きな拍手が上がっていました。

本日9日では伊勢菊一のある本町の子供たちが奏でる春木太鼓の演奏や、神宮に奉仕する斎王(未婚の天皇の皇女)の行列、「斎王群行」が外宮参道で披露されました。

 

 

 

 

 

 

 

元気な子供たちの太鼓で活気づき、美しい斎王の姿に見惚れる方も。

来週14日~16日にかけては、祭の祭りと称される全国のお祭りが集まる「伊勢神宮第十六回神嘗奉祝祭」が開かれます。

14日は前夜祭となり、三重県営サンアリーナの大きな会場に全国の祭りを集め、一足早く奉祝祭を体感でき、翌15日がメインイベントとなり外宮さんへ全国で収穫された初穂(新穀)を奉納する「外宮領 陸曳」の車が通り、また外宮前を中心にパレードのように練り歩く各地の祭りをご覧になっていただけます。

最終日となる16日は会場を内宮前に移し、「内宮領 川曳」があります。内宮さんの前を流れる五十鈴川の中を掛け声とともに盛大に進む迫力のあるものとなります。

予報では天気も良く、旅行や行楽日和となりそうですので、年に一度の祭りの祭りをぜひ見に来てくださいね!