漆塗り勾玉形敷板(中)

S01-UMM

漆芸  (S01-UMM)

直径約11cm

漆芸作家紹介

 ・村上麻紗子(Masako Murakami)

 

 

池の鯉と稲穂の2種類のデザインがあります。右の画像は稲穂。

それぞれが繋がり円になる、円満を表しています。

 

外宮の勾玉池をモチーフに作られており、伊勢春慶にヒントを得て、蒟醤(きんま)の技法を取り入れた溜め塗り(ためぬり)で仕上げている。

 

菓子皿やコースター、花台としてお使いいただけます。

 

 

 

【漆器の取り扱いについて】

表面に汚れが付着した際は、ぬるま湯か薄めた中性洗剤を付けた布巾やスポンジで洗い、柔らかい布で拭いてください。
食器洗機の使用は避け水桶などに長時間浸け置かないようにしてください。漆の劣化、変質の原因になります。

収納時は、陽の当たらない涼しいところで保管してください。

 

※本商品は漆を使用しております。体質によってはかぶれる場合がございますので、異常が生じましたら、直ちに使用をやめ、専門医の診察を受けてください。

注文番号 タイトル 販売価格(税込)
在庫状態 数量 単位  
S01-UMM-1 漆塗り勾玉形敷板(中)鯉 ¥4,104
在庫有り
S01-UMM-2 漆塗り勾玉形敷板(中)稲穂 ¥4,104
在庫有り
S01-UMM S01-UMM