5月10日

火曜日

2016

外宮参道のお知らせ

勾玉池のなんじゃもんじゃが見頃です

外宮さんの畔にある勾玉池には縁に幾本かのなんじゃもんじゃの木が生えています。

 大きな木を埋め尽くすほど咲き誇る小さな花たちが、通る人の目を惹きつけます。 今がちょうど満開という時期なのですが、ちらちらと散り始めたなんじゃもんじゃの花が木の足元を覆い、 視界全体を包み込むようにも見えます。

 

 

 

 

 

正式名称は「ヒトツバタゴ」というモクセイ科の木なのですが、名前の由来に諸説あるうち有名なもので、昔、とあるお方が水戸黄門こと徳川光圀に「あの木は何という木か」とたずねられ、その返事に「なんじゃもんじゃ(なんというものでしょう)」と答えたことから、名も知れない木=なんじゃもんじゃとして広まったといわれています。

 




当店ではそんななんじゃもんじゃにちなんだペンダントトップ「なんじゃもんじゃの花」を販売中です。ガラス細工で作られた勾玉型のペンダントトップの中になんじゃもんじゃをイメージした模様が埋め込まれ、勾玉池に浮かんだ花のように立体的に輝いて見えます。

 

「なんじゃもんじゃの花」は菊一の店頭にて販売中!8800円(税込)

なんじゃもんじゃの木の他に、今の時期は勾玉池の周辺は新緑や草花で彩られ、6月に入れば勾玉池には花菖蒲が咲き季節を彩ってくれることでしょう。

ゴールデンウィークが過ぎ、客足のピークが過ぎた今は落ち着いた雰囲気の外宮さんと勾玉池をゆったりと参拝、散策することができますので、春は花の匂いがあふれる今こそ外宮さんへ是非おいで下さい。


5月9日

月曜日

2016

お店からのお知らせ

外宮参道ギャラリー 個展開催のお知らせ

来る6月2日(木)から6月5日(日)にかけて、外宮参道ギャラリーで吉本徹也さんによる「いやさか展」が開催されます。

吉本さんはやまと絵(日本画)を手掛ける作家であり、今までにも東京や名古屋などたくさんの地域で個展を開かれています。
「やまと絵」とは日本独自の日本画に古代中国の唐絵の影響を受け独自の発展を続けて来たものだそうで、その中でも吉本さんの描くやまと絵は、愛らしい子供たちを主に優しい雰囲気を醸し見る人に安らぎを与えます。

 

吉本さんの作品の一部をご紹介

『 包まれて 』


一歩前進。
心にカギを、心を開け。
勇気を出して、笑顔の一歩を
すべては、包まれている。

安心をして一歩を踏み出せ。
実り出す。
必ず福となす。

 

 

 今回の個展では、作品の販売も予定されていますので是非お気に入りの一品を見つけに来てください!

 

開催期間/   6月2日(木)~5日(日)予定
観覧時間/   11:00~18:00
開催場所/   外宮参道ギャラリー 伊勢市本町6-4 シャレオサエキビル2F
              (外宮参道沿い 伊勢菊一 刃物店の向かい)


4月30日

土曜日

2016

お店からのお知らせ

いよいよ明日から!伊勢アートマンダラ展

ゴールデンウィークに入り、外宮参道も活気づいてまいりました。

5月1日からは外宮参道ギャラリーにて「伊勢アートマンダラ展」を開催致します。

体験コーナーもありどなたでも無料で観覧して頂けますので、

外宮さんを参拝される折には

ぜひ、お立ち寄りいただきアートマンダラの世界をお楽しみください。

 

開催期間:5月1日~5月8日
観覧時間:10:00~18:00(初日と最終日は設営などの為、多少時間の前後有り)
入館無料
開催場所:外宮参道 シャレオサエキビル2F 伊勢菊一金近 「外宮参道ギャラリー」
     伊勢市本町6-4 シャレオ2F


4月17日

日曜日

2016

お店からのお知らせ

英訳版「伊勢神宮の智恵」ができました!

1500年もの間続いてきた神宮のあらゆる儀式や祭事がどのようにして行われてきたのか、なぜ続けることができたのかを、更にはそこから読み取れる日本人の本質を、神宮の禰宜であり現在は神宮徴古館やせんぐう館の館長を務める河合 真如氏の知識や経験談から紐解き、写真家 宮澤 正明氏の撮る鮮やかな神宮の景色と共に紹介する著書「伊勢神宮の智恵」が、英訳版として新たに登場致しました!
※日本語版とは一部異なる部分がございます

サミットに向け多くの外国からの参拝客が見込まれる中、日本の精神性や世界でも類を見ない神宮の特異性を外国の方に紹介するのに相応しい一冊です。

現在は伊勢菊一刃物店の店頭のみでの取り扱いとなっておりますので、お立ち寄りいただいた際にお買い求めいただくか、伊勢菊一へお問い合わせください。


定価 ¥2,160(税込)

取扱店:伊勢菊一 刃物店  伊勢市本町18-18
    Tel:0596-28-4933

 


4月4日

月曜日

2016

お店からのお知らせ

新商品「伊勢菊一オリジナル缶バッチ」のご案内

 

平成23年に新たに生まれ変わった伊勢菊一を表す商品として、この度オリジナルデザインの缶バッチを製作いたしました!

本革を表面に張り、菊一を表すロゴマークをあしらったシンプルなデザイン。
お色はベージュとダークブラウンの2色をご用意いたしました。
どの様なカバンやお召し物にも合わせやすい配色となっています。

菊一のロゴマークは菊の花と横一文字を合わせたものです。
刃物には生活用品という用途以外に魔を払うとされ縁起物であり、横一閃に払い道を切り開くという験担ぎの象徴としても大切にされてきました。

お手持ちの小物に付けることでお守りとしてもおススメです。

 

ご注文はこちらから!


3月26日

土曜日

2016

お店からのお知らせ

ギャラリーから展示会のお知らせ

ゴールデンウィーク中の5月1日から5月8日にかけて外宮参道ギャラリーでは、「伊勢アートマンダラ展」を開催いたします!

 

マンダラのように文字や図を配置し一枚の絵とした作品が多数展示される予定です、中にはサミットに合わせた世界平和を祈る作品も。

お伊勢参りの際には外宮参道ギャラリーにお立ち寄りいただき、多彩なアートマンダラの世界をお楽しみください。


3月26日

土曜日

2016

外宮参道のお知らせ

サミットに向けて提灯に新デザイン!

 

25日の夜に金近サロンにてとある記者発表がありました。

 

5月に開催される伊勢志摩サミットに向けて昨年リニューアルした外宮参道の提灯の内、伊勢市駅前の6つをウェルカムボードに見立て、各国の国旗と伊勢志摩の風景を組み合わせた新しい提灯のお披露目会見です。

 

 

 

 

 

写真は地元の高校生による作品が採用され、会見には写真の作者となる高校生も出席しメディアの質問に答えていました。

 

 

 

暗くなった午後7時過ぎには実際に提灯に取り付けられ、鮮やかに浮かび上がったシルエットに出席者から感嘆の声が上がっていました。

 

この提灯はサミットまでの設置となりますので、GWなどに合わせお越し頂き是非ともご覧になってください。


3月20日

日曜日

2016

お店からのお知らせ

連休中日!

連休の中日となる日曜日。

今週はいつにもまして人通りも多く、通り沿いに賑やかな声があふれています。

昨日の土曜日は朝方はあいにくの雨模様でしたが、日が高くなるころには雨もやみ、穏やかな日となりました。
明けた今日は朝から晴れやかな日となり、暖かな日差しに包まれています。


3月18日

金曜日

2016

お店からのお知らせ

神宮の森と池坊のコラボ展!

今週の土日、外宮参道ギャラリーでは今までの神宮の森の写真展に加え、

池坊の岡 茂男さんの手による生け花のコラボ展示をご覧になって頂けます。

神宮の森に調和するように配置された生け花により、新たな世界観が表現されています。

 

展示期間は今週の土日(19・20)の予定ですので、皆様のご来館を心よりお待ちしております。

 

開催場所: 伊勢菊一 金近 外宮参道ギャラリー  (伊勢菊一刃物店 向かいのビルの2階)

入館無料  観覧時間:10:00~18:00  

エレベーターもありますのでどなたでもご覧になって頂けます。


2月21日

日曜日

2016

外宮参道のお知らせ

第9回 美し国三重市町対抗駅伝

昨日の大雨が通り過ぎた本日、第9回美し国三重市町対抗駅伝が開かれました。

 

一位で駆け抜ける桑名チーム

毎年2月に開催される三重県の一大イベントとなっており、
各市町の代表チームが競います。
地元TV局の中継もあり沿道からはたくさんの声援が飛んでいます。

その中でも外宮の前大通り沿いでは、毎年地元の和太鼓グループ「和太鼓伊勢天翔」が
盛大に応援太鼓を披露し、力強い掛け声と響きで最終区走者を奮い立たせていました。