3月4日

月曜日

2013

お店からのお知らせ

菊一店長ブログ

春の訪れ ねこやなぎ



伊勢菊一の前に飾られている大きな植栽。

先月は、梅が白く愛らしい花を咲かせてくれましたが、
時季に花が落ち始めてきた頃、
この植栽を持ってきてくださった方が、
美しいねこやなぎを持って、生け直しに来てくださいました。

ねこやなぎは、ほかのヤナギ科の植物に比べ
いち早く開花することから
春の訪れを告げる植物といわれています。

また、銀白色の毛が美しい花穂が、
まるでネコのふわふわの尾っぽに見えることから
この名前がついたとのこと。

全国各地の水辺に育つということですが、
これだけ立派なねこやなぎは、
おそらくずいぶんと山奥までいかなければ
お目にかかれないものと思います。

そんな労も厭わず、こうしてお持ちくださったそのお心に
頭がさがるばかりです。

その方は、
お花だけでなく、お茶、着物、書と、
さまざまな日本文化を第一線で伝えていらっしゃる方で、
日本人としての豊かな暮らしを
ご自分で体現しているような方です。

生け花などの経験がまったくない私ですが、
こうして、季節の移ろいを草花を通じて届けてくださると
日本文化の奥ゆかしさに感動を覚え、
日本人でよかったなと、誇りに思います。

伊勢菊一の前を通られる方にも
季節の便りをお届けできることを、とてもありがたく、感じています。

 


伊勢菊一 中川