3月3日

日曜日

2013

お店からのお知らせ

菊一店長ブログ

【新刊】三重の建築散歩

新刊のご紹介です。

三重県の「建築」を取り上げた、あまり類を見ない
価値ある一冊。 

専門としている人でもないかぎり、
神社仏閣以外の「建築」を見て歩こうとは
なかなか思うことがないですが、
いざ、ページをめくってみると、
そこには、新旧問わず、
物語を感じさせる美しい「建築」の数々が。

はっとさせられたまま、次から次へと
空想の「建築」旅行をしていると、
自分の知っているまちに、こんなものがあったのかと
改めて気づかされ、この本のタイトルそのままに、
本を片手に「建築」をめぐる散歩に出たくなりました。

「建築」と、あえてしているのは、
もともと日本では明治初期まで「造家」「作事」と呼ばれていたこと、
また、英語の「architecture」は、
「根源の技術」「芸術」という言葉が語源となっていると、
本書のプロローグを読んで知り、
その意味を込めて、「建築」と、強調してみました。

量産・消費商品の「建物」とは違う、
筆者の言葉を借りれば「心の器」としての「建築」を、
フィルムにこだわって撮影・収録したというこの本。

居・食・住の神さまである豊受大御神さまを祀る
外宮さんの御前において、
こういう本を出版した制作者の皆さんの思いが、
ひしひしと伝わってきます。

春が近づくこの季節、
お参りのあとにもう一歩足を伸ばして、
「建築」散歩にでかけてみてはいかがでしょうか。


三重県の建築散歩 1,575円(税込) 月兎舎

 

 

伊勢 菊一 中川