伊勢 菊一 - 刃物店とお伊勢参りの寄合処

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

12月21日

金曜日

2012

菊一店長ブログ

まちかど企画展~そこに、西行がいた!!~ ご案内

菊一スタッフの井村です。

今年もあと十日余り!

押し迫ってまいりました。

 

来年の事を言うと鬼が笑うと言いますが

来年3月に開催される催し、

「まちかど企画展 そこに、西行がいた!!

 ~西行が愛したまち 二見浦~」のご案内です。

3月1日から一か月間、二見の「夢ぎゃらりぃ二見」にて、

まちかど企画展が開かれます。

その会期中に、トークやウォークのイベントもあるようです。

 

「西行トーク in 二見 2013」

日時:2013年3月9日(土) 13時~15時

場所:伊勢市二見公民館

参加費:無料

 

「西行ウォーク 西行ゆかりの地をたずねて」

日時:2013年3月10日(日) 10時~12時

参加費:500円

 

歌人・西行はこの地でどのように過ごしていたのでしょうか。

諸国を巡り巡ったのちたどり着いたこの二見。

月を愛で、桜に想いを寄せた西行が今、よみがえります。

(チラシより抜粋)

 

西行は出家後、心のおもむくまま諸所に草庵をいとなみ、

しばしば諸国をめぐり漂泊の旅に出て、多くの和歌を残しました。

治承元年(1177年)に伊勢国二見に移りました。

かつて「願はくは花の下にて春死なん、そのきさらぎの望月のころ」

と詠んだ願いに違わなかったとして

その生きざまが藤原定家や僧慈円の感動と共感を呼び

当時名声を博したそうです。

大河ドラマ「平清盛」にも西行が描かれていました。

先週は、熱病でこの世を去る清盛が西行の枕元に

現れるシーンで最終回へと繋がっていくようです。

伊勢の二見の地を愛した西行の生き様に触れることのできる

まちかど企画展にお出かけください。

 

 お問い合わせ:「そこに、西行がいた!!」展 実行委員会事務局 0596-43-2231